投稿日:

あとちょっとで二重かな~ここで満足しないで頑張るぞ!

こんにちは、サトです。

前回10日目だったので、12日目ぐらいに記録を書きたかったのですが、実はそこから体調を崩して3日間寝込んでしまいました(x_x;)

この3日間はベッドで寝ながらしかトレーニングできず・・・なので、時間が経った割にあまり進展がありません。あともう少しで二重になりそう!って雰囲気だったのに~!

と悔しい気持ちですが、まあ気を取り直してやっていきましょう。

「ゲキモテ」実践記15日目。ちなみに今日のトレーニングはもう終わった状態です。

右目1日目(元々奥二重)

右目トレーニング後

左目1日目(元々一重)

左目トレーニング後

トレーニング後なので、両目ともちょっとパワーアップしていますね。

でも、トレーニングをやっている人は5日目を過ぎた頃から分かってくると思うのですが、もっともっと堀の深い二重にすることも、トレーニングの加減でできるようになるんですよね。あとはそれが持続するようにトレーニングを続けるだけなんです。

で、今日トレーニングをしている時に一つ発見がありました。自分の顔を鏡で見ながら「あれ? この仕草、どっかで見たことある・・・」と思った私。よく思い出してみると、小さい頃に近所のお兄ちゃんがやっていた《ふたえ一発芸》でした。

子どもの頃、ほんの小さな一発芸をよく練習しませんでしたか?指パッチンとか、口笛とか、巻き舌とか、白目を剥いてみせたりとか。ちょっと練習したらできるし、できると面白くてずっとやってしまったり。

そんな中、近所のお兄ちゃんがよくやってたのは「ふたえ一発芸」。もとの顔と、ホリの深~い二重の顔があまりにも違うので、すごく面白くて何回もやってもらった覚えがあります(笑)そのお兄ちゃんは高校生ぐらいからすっかり二重が定着して、男前になってました。

それをふと思い出して、「そうだったのか!」と思いました。ゲキモテのトレーニングには、それとそっくりなものがあるんです。特にトレーニング5は、ほとんど「ふたえ一発芸」で見た仕草そのもの。

そうするとこんな風に、二重ができるんです。(お兄ちゃんのはもっと幅広二重でしたが。)まだ私も二重が定着したわけではないですが、二重になるって案外簡単なのでは?と思うようになりました。

子どもが一発芸でできるようなものだし、現に私も2週間ぐらいで「もうこれは続けさえすればできるなぁ」って確信したぐらいだし。ただし、最初はトレーニング自体「ちゃんと意味があるのかな?」と思うぐらい、二重にならなかったので、まずは筋肉を鍛えることが必須ですけどね。

二重の線を作るのでさえ手を使わないと、自力では全くできなかったので。

ふたえ芸のポイントとしては、

①眉頭と目尻をできるだけ離すような感じで目を閉じる

(目を完全に閉じず、白目をむきながら薄目を開ける感じだと、より強力。すごい顔になりますが。)

②その状態からゆっくり目を開ける

慣れるとだんだん堀の深い二重ができるようになります。ちょっと面白いキャラのあなただったら、お友達の前でトレーニングがてら、「ふたえ一発芸」を披露するのがおすすめ。

友達を笑わせられる上に、二重が定着した時も整形を疑われずに一石二鳥です!恥ずかしいっていう人は、二重を作る瞬間だけ顔を手で隠して、二重に変身した姿だけ見てもらいましょう。

二重教材体験レポートの経過

 体験1日目
…ダウンロード版を購入しました~

 体験3日目
…まぶたが重い。筋肉痛か!?

 体験7日目
…嬉しい副作用が出ました♪

 体験10日目
…二重には姿勢も関係するのか

 体験15日目
…段々二重まぶたになってきたかな

 体験21日目
…二重を左右均等にする裏技

 体験30日目
…完全に二重になった!

≫「1日10分自然な二重まぶたにする方法」公式サイトはこちら

-ゲキモテ・自力で二重まぶたに!

Copyright© 二重まぶたにする方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.