投稿日:

昭和生まれの私がオススメする低コスト二重術バンドエイドが効力発揮

一重から二重にする方法は、やはりアイプチが多いようです。

最近は簡単に安価で手に入りますから、それが若い一重の女性に受けているんだと思います。私の場合は、こうしたアイプチを使わずに、原始的な方法で二重になるべく努力して現在はパッチリ二重になりました。

その方法とは、絆創膏です。

ドラッグストアや、100均などでも容易に手に入るバンドエイド絆創膏を使用しました。購入してきたバンドエイドをカッターで1ミリ程度の細さに、自分の瞼サイズに合う長さにカットします。それを瞼に貼り付けます。

非常に古臭いやり方ですが、昭和はこれで十分でした。古き良きを尊ぶのとおり、こうしたやり方も有効だよとお知らせしたいです。確かに面倒で細かい作業ですが慣れれば勝手も分かってくるので、簡単にできます。

このバンドエイドの良いところは、お金があまりかからずに、しかも寝ている時にも使えることです。アイプチは糊で瞼を接着しますから寝ているあいだには向きません。崩れることもあるし、目の中に糊が付着したら重篤な症状が出る場合も否めません。

しかしこのバンドエイドなら、夜中に仮に剥がれても人体になんの副作用をもたらすことがありません。それだけで安心感があります。

また接着力という点でも侮れません。私はこの方法を1年間継続しましたが、2年目には二重になりました。そのときの感動を理解してと言ってもなかなか伝わらないかもしれませんが、実際試したことでバンドエイドは低コストで副作用もなくかなりの確実で二重に近づけると実感しました。

この方法は昭和生まれの私がティーンエイジャーの頃に実践したものですが、今でも十分使える手なのではないでしょうか。気軽に試せるので是非いろんな方に広めたいと思います。

-みんなの二重にする方法まとめ

Copyright© 二重まぶたにする方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.