二重にするためのトレーニング方法

私が二重まぶたになったトレーニング方法を、伝教したいと思います

 

もともと私の母はばっちり二重ですが、父と私は、ぽってりとした一重まぶたです。遺伝の関係なのでしょう?

 

子どもの頃は、何もコンプレックスもなかったですし、二重まぶたと一重まぶたも区別がつかないような状態でした。

 

私は子どもの頃から、芸能人やアイドルの男の子で、目が印象的な子を好きになることが多く、思春期になり、自分の好きになるタイプの傾向を考えていたところ、二重まぶたでパッチリとした瞳の男の子に惹かれやすいことがだんだんと分かってきました。

 

その頃から、私の二重まぶたへの強烈な憧れがはじまります。まぶたをクシの尖った方で線付けしたり、アイプチやテープ、雑誌に書いてある二重まぶたになる方法など、あらゆることを試しました。ある時は接着剤を試してみたくなったことすらあります。
(※真似しないでくださいね)

 

そこで、このままではいけないと、色々な情報をかき集めました。特に、一重から二重まぶたに脱出した人の話を中心に、方法論を作っていきました。

 

まずはじめに、成功した人に共通していたことは
・痩せた
・普段から二重ラインのクセ付けをする練習をしていた
・加齢で皮膚が下がること、または、時間を経過することにより、二重まぶたになった

 

この3点です。
(中にはこれ以外の方法のかたもいましたが、主要な要因はこの3点でした。)

 

より詳しく↓

 

そこで、私がやった対策を紹介します

 

当時の私は太り気味だったので、まず痩せることからはじめました。

 

 

痩せるといっても、目標は二重まぶたですので、まぶたの脂肪を落とすことが目標です。目の運動、特に目を大きく開けたり閉じたりする運動は効果的です。

 

このとき、オイル等でマッサージしても良いみたいですが、皮膚が伸びてしまうので、二重になりにくくなるという話も聞きました。ですので、目の運動だけを毎日繰り返しました。

 

これと同時にダイエットにも励みます。二重のラインがついてしまえば、後から太ったとしても残りますので、この時だけは我慢します。

 

まぶたの脂肪が落ちてきはじめた頃から、段々とうっすらとした二重のラインが出来てきました。そこで、そのラインを強化するために、寝るときにだけ、アイプチを使用します。

 

このあたりは、人によって様々なようですが、私はまぶたの皮膚が伸びることなく、時間の短縮になったように思います。なりたいラインを見極め、そこを集中的に攻めてくださいね。

 

この段階では、まだ昼間は、二重じゃないので、できるだけ目に力を入れて、「癖ができること、二重のラインができている状態を保つこと」を意識します。

 

私は、この段階が一番重要だと思います。これを毎日意識的に繰り返すことで、私は2年ほどの時間を費やして、二重まぶたに変わっていきました。

 

ちょっと整形には抵抗あるなという方は、この方法どうですか?時間はかかりますが、あやしまれたり、からかわれたりすることもなくて、自然にできる良い方法ですよ!

 

さらに、自力で二重になる方法を細かく記載された方法があるので確認してみてください。