投稿日:

赤ちゃんを二重まぶたにしたい

赤ちゃんと言えば居るだけで幸せになる存在ですよね。

赤ちゃんを見ているだけで自然と笑みがこぼれることをも多いかと思います。

そんなかわいい赤ちゃんが「二重まぶただったらもっとかわいいのになぁ~」と思うパパ・ママは多いのではないでしょうか。

実際のところ、一重まぶたの赤ちゃん二重まぶたになるのか気になりますよね。
今回は赤ちゃんのまぶたについてご説明していきます。

 

■生まれたての新生児期の赤ちゃんに一重まぶたが多い理由

生まれたての新生児期の赤ちゃんを観察してみると、一重まぶたであることが傾向として高いといわれています。

パパ・ママの中には「親が一重まぶただから赤ちゃんに遺伝したのかな?」と思うパパ・ママ達も多いでしょう。

実際のところ、新生児期の赤ちゃんの一重まぶたは将来も続くものなのでしょうか。
それとも成長と共に徐々に二重まぶたに変化していくことはあるのでしょうか。

多くの新生児期の赤ちゃんが一重まぶたである一番の理由は、ふっくらとした新生児期特有のビジュアルにあるといわれています。

新生児期の赤ちゃん特有のふっくらとしたビジュアルが一重まぶたに見えてしまうようです。

そのため、新生児期の赤ちゃんの特有のふっくらとした時期が徐々に変化してくるタイミングで、一重まぶたから二重まぶたへと変化することが多いといわれています。

次の項目で新生児期の赤ちゃんが二重まぶたになる時期についてご紹介していきます。

■新生児期の赤ちゃんが二重まぶたになる時期

ふっくらとしたビジュアルが特徴の新生児期の赤ちゃんは、どのタイミングで一重まぶたから二重まぶたに変化していくのでしょうか。

新生児期の赤ちゃんが二重まぶたになるタイミングとしては、身体を動かせるようになった時期といわれています。

赤ちゃん自身が自由に身体を動かせるようになると、消費カロリーも大きくなっていきます。
消費カロリーが大きくなっていくにつれて余分な脂肪分が落ちていき、徐々にスッキリとしたビジュアルへと変化していくのです。

その結果、一重まぶたから二重まぶたへと変化していくことがあるようです。

時期としては生後三か月くらいからが目安とされています。
赤ちゃんによって成長に差がありますので、あまり動かなくても焦らず見守ってあげましょう。

赤ちゃんによっては、二重まぶたにならず一重まぶたのままであることも多いです。

これは赤ちゃんの個性ですので、二重まぶたにならなくても焦ったり心配にすることはありません。

■両親の二重まぶたは遺伝するの?遺伝子の関係性

両親の目元は赤ちゃんに遺伝していくのでしょうか。
両親の二重まぶたと遺伝子の関係をチェックしてみました。

二重まぶたは優性遺伝子に位置づけされているため、両親の二重まぶたは遺伝する確率が高いと考えられています。

一重まぶたのパパ・二重まぶたのママの赤ちゃんの場合、二重まぶたになる可能性が高くなるということなのです。

しかし、これはあくまでも確率的な問題であるため「絶対」とは言い切れないことを覚えておきましょう。

両親が二重まぶたであっても一重まぶたの赤ちゃんがうまれてくることもあります。

■一重まぶたor二重まぶた・そのものに優劣はない

前項で二重まぶたは優性遺伝子であるとお伝えしましたが、一重まぶたは劣性遺伝子ということなのでしょうか。

劣性遺伝子と聞くと一重まぶたの人としてはちょっとガッカリな印象を受けてしまうかもしれません。
実際のところはどうなのでしょうか。

一重まぶた・二重まぶたともに遺伝子的な優劣はないと考えられています。

遺伝子的には二重まぶたのほうが強いと考えられていますが、優劣そのものはあまりないので気にしなくて大丈夫です。

二重まぶた=かわいいという世間的なイメージが根強いですが、シュッとした切れ長の一重まぶたもシャープな印象でかっこいいですよね。

「赤ちゃんが二重まぶたじゃないのは嫌だ!」と悲観せずに、赤ちゃんの持ち味を引き出してあげることに注力してあげるようにしてくださいね。

■赤ちゃんを一重まぶたから二重まぶたにすることはできるの?

パパ・ママの中には、「どうしても赤ちゃんには二重まぶたになってほしい!」と願う方々もいるかと思います。

実際のところ、パパ・ママの力で赤ちゃんの一重まぶたを二重まぶたにすることはできるのでしょうか。

・赤ちゃんを活発に動かす

一番効果的な二重まぶたにする方法としておすすめなのが、赤ちゃんを活発に動かしてあげる方法です。
赤ちゃんは動けば動くほどカロリーを消費します。
カロリーを消費することで余分な脂肪分が徐々に落ちていくのです。
赤ちゃんと一緒に散歩をしたり自宅の中で動かしてあげるようにしてみてください。
決して赤ちゃんに対して食事制限などで脂肪分を落とすようなことはしないでください。
赤ちゃんの成長に関わる大きな原因になる恐れがあります。

・目元のマッサージをする

赤ちゃんの目元を指の腹を使ってゆっくりとマッサージするのも、赤ちゃんを二重まぶたにするのにはオススメといわれています。
赤ちゃんは大人と違って肌に弾力がありモチモチとしています。
あまり強い刺激を与えたりすると、赤ちゃんの肌を傷つけてしまったりする恐れがありますので注意しましょう。
また、赤ちゃんに目元のマッサージをしたからといって必ず二重まぶたになるというわけではありません。
あくまでも二重まぶたの効果を高める一つとして認識しておくようにしてくださいね。

■赤ちゃんの成長を見届けよう

赤ちゃんは一重まぶたから二重まぶたになったと思えば、また一重まぶたに戻ることも多くあります。

毎日が変化だらけなのが赤ちゃんの特徴でもあるのです。
パパ・ママが赤ちゃんの一重まぶた・二重まぶたに一喜一憂しすぎてしまうのは注意が必要です。

パパ・ママの雰囲気が赤ちゃんに伝わっていき、知らず知らずのうちに赤ちゃんにストレスを与えてしまうことにつながりかねません。

一重まぶた・二重まぶたも大切ですが、まずは赤ちゃんの成長を見届けてあげましょう。
パパ・ママの心の余裕が赤ちゃんの健やかな成長へと繋がっていくのです。

当サイト人気記事…

-自力で二重まぶたにする方法

Copyright© 二重まぶたにする方法を教えるサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

ナイトアイボーテ体験