投稿日:2017年4月9日 更新日:

二重まぶた矯正方法

二重矯正のための埋没方法について

埋没方法で二重にした場合には、その糸を取ります。埋没してから数年の場わいには、元の一重に戻る可能性が多いので、糸を取るだけで矯正が出来ます。

もし、その一重が長年経っていて、癒着していれば、その癒着部分をメスなどで剥がして線を消す事が出来ます。

その埋没の幅を広げたいとか、狭くしたい時には、一度、その糸を全部取り、再度、自分好みの線の部分に糸を付ければ良いのです。更に、その二重の幅を大きく確実にしたいという時には脂肪を抜いてから二重を作る方法もあるのです。

この矯正のやり方は、瞼の表面を自分の形の幅の大きさに皮膚を切るのです。その表面の皮膚を、数ミリを切り取ります。

そこの脂肪を切り取る量で、二重の深さが決まります。脂肪を取れば、その皮膚を上下を縫い合わせると完成です。

その矯正の方法は、少し腫れがあります。二週間ほどしてから、腫れが引き始めて、その後抜き糸をやるのです。抜き糸をすれば、大きく、確実に二重が出来ているのです。

これは、多きな二重がいいとか、何年経ってもその二重のラインが消えないというものなのです。外国人のような目になりたい人なども、その方法で二重にしています。

二重のラインを狭くしたい人や、切れ長の二重にしたいという人は

今の二重の部分のラインをの上瞼の皮膚を切り、その下の瞼に伸ばして縫うという矯正方法もあります。その方法では、一重に出来るし、幅の狭い二重に出来るのです。

その矯正の費用は、埋没法では、10万円ほどです。皮膚を切り、脂肪を抜く方法は、20万円ほどになります。糸を抜く費用は、一つの糸が3万円ほどなのです。四箇所の糸があれば、12万円の矯正費用がかかります。

このように、二重の矯正方法にも色々な種類があり、自分の顔立ちに合う、二重をカウンセリングで調べてもらい、その方法で確実に矯正をすると良いのです。

矯正をやっているクリニックは、ほとんどが二重にしたクリニックで一年以内ですと、無料でやってくれます。矯正をやっているクリニックは、美容外科のクリニックでやっている事が多いですが、矯正をやるクリニックは少ないのです。

それは、二重にするのは、簡単ですが、矯正をするのは難しい場わいが多いからです。その矯正を確実に出来る信頼あるクリニックは、実績と、費用の明確さ、技術力などが明確なところがお勧めなのです。

家より遠い場所のクリニックでも、経験の多い矯正をした先生にやってもらうのが安心なのです。

当サイト人気記事…

-整形

Copyright© 二重まぶたにする方法を教えるサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.