投稿日:

美容整形手術で有名な高須クリニックの高須幹弥医師によると、日本人のおよそ3割が二重まぶたで残りの7割は一重まぶたであると言います。これは世界的に見て日本人のまぶたは皮膚が厚く、必然的に一重まぶたになる確率が高くなるとのこと。

この数字から見ても分かるように、日本中には一重まぶたにコンプレックスを抱えている人が数多く存在することが容易に想像できます。しかし、まぶたにメスを入れる切開式の整形手術や医療用の特殊な糸で内側からまぶたを留める埋没法に抵抗を感じている人が多いのも事実です。

そこで、ここではリスクの高い外科手術をおこなわずに二重まぶたをつくりだす簡単な方法をまとめています。

・一重まぶたや奥二重で悩んでいる
・理想の二重まぶたを手に入れたい
・外科手術には抵抗がある
・本物の二重まぶたをつくる簡単な方法が知りたい

そんな方はぜひ参考にしてみてください。

二重まぶたを簡単に作る方法

まずは、外科手術をおこなわずに二重まぶたを簡単に作る方法にはどんなものがあるのか見ていきましょう。

まぶたマッサージ

二重まぶたになりにくい原因として、まぶたのむくみや脂肪・古い角質層や落としきれていない汚れなどがあります。
まぶたを優しくマッサージすることで血行を促進してむくみを取り除いたり、普段の洗顔では落としきれていない汚れをきれいにすることで、まぶたがスッキリとした印象になり二重まぶたになりやすい状態をつくりだすことができます。

注意しなければいけないのは、まぶたは非常にデリケートな部位ですから強く擦ったり刺激を与えすぎてしまうと炎症を起こす可能性があります。
まぶた専用のマッサージジェルなどを使用して優しくマッサージするのが良い結果をだすコツだと言えるでしょう。

アイクリーム

前述した通り、まぶたのマッサージをおこなう際には過度の刺激を避ける必要があります。そこで役に立つのがマッサージによる摩擦を軽減して皮膚へのダメージを抑えてくれるアイクリームです。

アイクリームには血行を良くしてむくみをとってくれる効果はもちろん、良質な美容成分が配合されているものが多く肌のハリや艶が良くなる効果も期待できます。自然に理想の二重まぶたをつくりだし、さらには美容効果まで得られるアイクリームは必須アイテムといっても過言ではありません。

マッサージと美容効果を兼ね備えたまぶた専用のマッサージピーリングジェルとして、「二重習慣」が若い女性の間で強い人気を誇っています。

蒸しタオル

本来は体外に排出されるべき水分や老廃物が蓄積することでむくみの原因となります。こうしてまぶたがむくんでしまうと、腫れぼったく垂れ下がったような状態になり二重になれるはずのまぶたまで一重になってしまいます。
排出されるべき水分や老廃物を効率よく循環させる役割を担っているのが静脈を流れる血液で、この血流が滞ることによってむくみが起きているのです。つまりは血流をよくすれば老廃物が排出されてむくみが解消され、二重まぶたになりやすい状態をつくることができるわけです。

そこで目元の血流をよくするために効果的なのが蒸しタオルです。

・触って熱いと感じない程度(40℃前後)のお湯でしぼったタオルをおよそ5分間、目元を覆うようにのせてしっかりと温めてください。

・次に冷たい水でしぼったタオルをのせてクールダウンしましょう。

・これを3回繰り返すことで目元の血流がよくなり、むくみの解消とともに二重まぶたになりやすい状態にしてくれます。

アイテープ

二重まぶたのクセ付けアイテムとして最も手軽なものといえばアイテープではないでしょうか。100均やドラッグストアなどで購入できるアイテープは、粘着性のあるテープをつくりたい二重のラインにあわせて貼るだけで簡単に二重まぶたをつくることができます。

うまく二重をつくるポイントとしては、テープを貼る前にしっかりと洗顔をしてまぶたの油分を落としておくこと。油分が残っている状態でアイテープを使用すると時間が経つにつれて剝がれやすくなってしまいます。
またアイテープには両面接着タイプ、片面接着タイプ、ファイバータイプなどさまざまな種類があり、それぞれに使用感が異なります。市販のアイテープは安価なものが多いのでいろいろ使ってみて自分に合うものを探してみるといいでしょう。

両面接着タイプ

まぶたの皮膚どうしを接着して二重まぶたをつくります。深くくっきりした二重をつくりたい方やむくみがひどく二重になりにくい方におすすめです。

片面接着タイプ

二重をつくりたいラインに合わせて貼ることで、アイテープを貼った上の皮膚がかぶさることで二重をつくります。ナチュラルな二重をつくりたい方や幅広の二重をつくりたい方におすすめです。

ファイバータイプ

粘着性のあるファイバーテープを二重にしたいラインに合わせて食い込ませることで二重をつくります。上記のアイテープに比べて目立ちにくいのが特徴で、使い慣れるまではうまく二重をつくるのが難しいので練習が必要かもしれません。

ナイトアイボーテ

二重まぶたのクセ付け用アイテムとして口コミで人気が高いのがナイトアイボーテです。ナイトアイボーテは寝ている間に二重のクセ付けをすることが最大の目的で、就寝前に塗るだけで自然な二重のクセ付けをすることができます。

しかしナイトアイボーテの人気の理由は二重のクセ付け力だけではありません。一般的なアイプチやアイテープはほぼ接着成分で構成されているのに対して、ナイトアイボーテには豊富な美容成分が配合されています。
できるだけ肌への負担をおさえて炎症のリスクをなくし、ボタンエキスやサクラ葉エキス、アルテア根エキスなど美肌効果のある成分を含有しているため幅広い年代の女性から支持を受けています。

二重のクセ付けには根気が必要

美容整形手術を受けずに簡単な方法で二重まぶたを手に入れるには、根気よく継続する必要があります。
切開式や埋没法などの外科手術は即効性があり、術後には医師と打ち合わせた通りの二重まぶたが完成しています。それに対して、手術をせずに二重のクセ付けをするためには日々の継続が欠かせません。

美容整形手術のメリットは即効性があることと、術式にもよりますが一度手術を受けると永久的に効果が持続するものもあります。しかし手術費用が高いことや術後の腫れや炎症といったリスクが大きいというデメリットもあります。

一方で手術を受けずに二重のクセ付けを目指す場合は、コストパフォーマンスがいいことや副作用のリスクが少ないという点で安心感があります。しかしその反面で、効果を実感するまでにある程度の時間がかかるというデメリットがあることも事実です。

どちらかが良くてどちらかが悪いというものではありませんので、ご自身の要望と状況に合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

-みんなの二重にする方法まとめ

Copyright© 二重まぶたにする方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.