投稿日:

二重のラインを生かしたメイクを研究して自分に合った方法を見つけ出す。

私は幼いころ二重でしたが成長の過程で線だけ残り一重の時や二重の時があるなど複雑な目の形をしていました。
高校生になるころには周りの友人はつけまつげをしていたりするなどかわいいメイクをしていました。
それがうらやましく私もメイクを始めました。
ですが、メイク初心者でしたし日によって一重の日や二重の日がありますので日によって目の大きさが違うことに悩んでいました。
最初に手に取ったのがアイプチでした。
慣れていな頃は白いラインが出来てしまったりしていましたが慣れていくとともにしっかりとした二重を作ることができていました。
ある日雑誌を見ていると、アイテープでも二重になれるということが記載してありました。
さっそくアイテープを買いに行き使っていましたが私の目にはアイプチと一緒に使わないといけなかったですしテープが取れてしまうことが多く私には合わないと感じました。

次に目にしたのが、ばんそうこうを切って目に貼ることにより二重を作成する方法でした。
この方法はラインに合わせてテープを貼ることにより二重を作成する方法でしたので簡単なので試してみました。
この方法はとてもよかったのですがメイク直しの際にはばんそうこうが外れないように気を使いながらメイク直しをしていましたが簡単にできる方法なので現在もメイクの際には行っています。

そして、私だけの方法にはなってしまいまずが行っている方法があります。
メイクの前には二重のラインを確認して強制的に二重を作成してからのメイク作業に入ることにしています。
そして、根元がしっかりとしたつけまつげを付けることにより瞬きをした際に押し上げられるような少し重めのつけまつげをつけることにより二重になりやすいメイクをしています。
この方法を実行することにより私はメイクをしていない時でも二重のラインを保つことができ二重になっていることが多くなりました。

-みんなの二重にする方法まとめ

Copyright© 二重まぶたにする方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.