投稿日:

二重になったり、一重になったり

よく二重まぶたの人で、前の晩などに飲み過ぎて翌朝起きるとせっかくの二重まぶたが一重になって、まぶたが腫れぼったくなってくることがあります。

そして、毎日の睡眠不足が蓄積することでも、目に疲れが溜ったようになって「せっかくの二重が台無し」ということもあるようです。目はデリケートなもので少しのトラブルでも目の下にくまができたり、ものもらいもできることがありますので、常に目のトラブルには注意が必要だということですね。

美容的にも魅力的な二重まぶたを維持するためには、健康的な生活をすることが必要で、その中でも睡眠はしっかりとることが必要になってくるということです。

そして「二重まぶた」でない人も整形手術ということを考えなくても、メイクのやり方ひとつで2重に見せることも可能になってくるということがあります。二重まぶたにすることで第「一印象というものをガラリと変えてしまうこともできますが、化粧品だけではまた元にもどってしまうということが多いということがあります。

それで、化粧品を使用することが面倒な方では、「2重まぶた」の手術に踏み切るというやり方もあるということですね。※当サイトでは、手術はおすすめしていません。

一重から二重に

反対に一重まぶたであった人が睡眠不足や疲労から二重まぶたになることがあるようです。それは目の周りは血管が多いことと、体調による影響が特に出やすいために起きることなので、体調が元に戻ればまたもとの一重に戻るということが多いということがあります。

まぶたの働きということでは、「外から受ける刺激を防ぐということや目を守る」そして「眼球の表面についたゴミなどを除去する。眼球に水分を補給する」「目に受け入れる光の量を調節する」というようなことがあります。

日本人には特に溝のない一重の目が特徴の遺伝が多いということがあるようです。そして溝があるものを二重まぶた、溝が隠れて見えにくいことを奥二重といって、これらの状態では日頃の目の疲労や体調不良などによって変化してくるというものです。

そして東洋では一重よりも二重まぶたに「憧れ」というものが多く二重まぶたを作るための商品や美容整形などによって二重にする人なども多いということがあります。

まぶたは脂肪の量によっても違いがあるということで、まぶたの下に脂肪が多いとふっくらとなるので一重まぶたになりがちです。

しかし、脂肪が少ないとたるみが皮膚にできるということがあるために二重まぶたになってしまうということです。(二重を目指したい人にはラッキーですが)

それで、睡眠不足などや疲れなどによって、いつもの二重まぶたではないということでも、機能的な部分ではほとんど違いはないということがいえるということですが、美的な部分では二重まぶたのほうが目はパッチリと見えますので、欧米志向でも魅力的な目であるということがいえるということですね。

また、二重まぶたには、「平行型」と「末広型」「奥二重」とあって、「平行型」では欧米人に多く、「末広型」は日本人に多い二重としての特徴です。

そして「奥二重」の人では自分では一重だと思っている場合があるということですね。それらのまぶたもまた、睡眠不足や体調などで変化してくるということがあります。

合わせて読みたい…

-メニュー

Copyright© 二重まぶたにする方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.