投稿日:

二重まぶた・埋没法による術後の症状と失敗例を知ろう

メスをつかわずにナチュラルで美しい二重まぶたをつくる埋没法は、切開式に比べて術後の腫れが少なく費用も抑えられるというメリットがあります。しかし、いくら切開式に比べてリスクが少ない埋没法による美容手術とはいえ、術後の症状に不安を感じてしまうのも無理はありません。

ここでは、埋没法による美容手術を受ける前に知っておきたい

・術後の症状と対処法

・失敗例

・失敗のリスクを減らす方法

を解説しますので、知らずに手術を受けて後悔しないようにしっかりと理解しておきましょう。

埋没法・術後の症状と対処法

二重まぶたをつくる埋没法とは、特殊な医療用縫合糸を使用してまぶたの裏から二重にしたいラインに沿って皮膚を留めていく手法です。メスを使用しないとはいえ、術後の腫れや炎症といった症状がでる可能性は十分にあります。

事前に症状と対処法を知っておくことで、慌てることなくケアできるようにしておきましょう。

まぶたの腫れ

個人差はありますが手術直後でもわずかに腫れる程度で、洗顔やシャワーは施術を受けた当日からできます。また、2~3日後には普段通りのアイメイクができるので、女性であればコンシーラーで隠せることが多いです。

ちなみに、手術中は点眼麻酔や麻酔クリームなどを使用して局所麻酔をかけるので痛みを感じることはほぼありません。

術後のまぶたの腫れに有効な対処法としては、アイスノン(氷で代用可)をタオルなどで包み、軽くおさえて冷やしてください。冷やさなければ仕上がりに違いが出るわけではありませんが、より早く腫れが引きます。

逆に身体が温まると、血行が良くなり腫れが強くなることがあります。入浴の際はシャワーを浴びる程度にして、湯船につかるのは術後1週間ほど空けてからのほうがいいでしょう。

まぶたに段差ができる

埋没法では、まぶたの裏側で糸を結んで糸玉をつくります。そのため、目を閉じたときにできるわずかな段差が気になりますが正常な状態です。段差といってもノーメイクで近づいてよく見ないと分からない程度ですので、特に対処をする必要はありません。

まぶたが赤く腫れて化膿する

ごくまれにまぶたが赤く腫れることがあります。これは施術した患部に細菌がはいってしまうことで起こるものです。

腫れが引かずに違和感や痛みを伴う場合は、できるだけ早くクリニックを受診してください。膿をだして抗生物質を服用することで治ることが多いです。もし頻繁に化膿するようであれば抜糸をした方がいいでしょう。

埋没法の失敗例

埋没法による二重まぶたの形成において、失敗するケースはほとんどありません。しかしながら100%成功するという保証はなく、何らかのトラブルが発生することがあります。

左右に差が出る

人の目にはもともと左右差があるものです。ですから術後に二重幅の左右差が出るのは必然と言えるのですが、事前の説明がなかったことで納得のいかない結果になることがあります。

術後の変化が気になっている状態で左右を見くらべるとその違いが大きく感じてしまうことがありますが、周りの人から見ると気にならない程度であり失敗でないケースがほとんどです。手術前のカウンセリングでしっかりと説明を受け、納得して進める必要があります。

希望した二重幅と違う

手術をおこなう前にはカウンセリングを受け、希望する形状や幅を伝えることになります。しかし施術が終わってみると希望した幅とは違うことがあります。

これは単に医師の技術的な問題の場合もありますが、埋没法による手術においては完全に腫れが引いて「完成形」となるまでに1ヶ月以上を要する場合もあります。特に手術を終えてから2週間ほどは様子を見る必要があり、それ以降も希望した容姿とはかけ離れている場合には医師に相談してみるといいでしょう。

埋没法はメスをいれるわけではなく糸で結んでいるだけの状態なので、抜糸すれば元に戻すことができるのも大きなメリットのひとつです。

二重がとれて元に戻る

これも一概に失敗とはいえません。なぜなら、埋没法による二重まぶたの形成はそもそも永久的なものではないからです。切開法による手術では永久的な二重まぶたをつくることができますが、埋没法ではいつか糸が緩んで元に戻ってしまうと考えておきましょう。しかし、施術後1~2カ月程度で元に戻ってしまった場合は異常ですので、医師に相談してみることをおすすめします。

また、まぶたのたるみが多い方や脂肪が付いている場合には元に戻りやすくなってしまいます。この場合、医師とのカウンセリングにもよりますが埋没法で進めるなら通常は2点留めのところを3点、4点と補強する方法があります。

糸が出てきてしまう

極めてまれなケースではありますが、術後に糸が出てきてしまうことがあります。まぶたの外側であれば自分の目で見て分かるのですぐに気付くことができますし、裏側であれば眼球にチクチクとした痛みを感じます。

このような場合にはすぐに受診したクリニックで医師の診断を受けてください。炎症を起こしているのであれば点眼薬で治まることもありますし、糸が出ていれば一度抜糸をするケースもあります。

失敗のリスクを減らす方法

極めてまれなケースとはいえ、手術によるトラブルは他人事ではありません。事前に失敗のリスクを減らすためにできることを頭に入れておきましょう。

整形外科を受診する

なかには行きつけの眼科で埋没法による手術を受ける方がいますが、理想の二重まぶたを手に入れるための手術であれば整形外科を受診しましょう。

眼科と整形外科は根本的に違います。眼科では希望する容姿になるための施術ではなく、あくまでも治療の一環として手術をおこないますから完成形に希望もなにもありません。二重に関するカウンセリングもないまま手術をされて後悔したという話も少なくないのです。

何らかの治療ではなく美しい二重まぶたを作るための手術であれば、眼科ではなく形成外科を受診して専門の美容外科医に施術してもらいましょう。

希望をはっきりと伝える

ひとことで「二重まぶた」といっても、末広タイプや平行タイプといった形状の違いや二重の幅など形はさまざまです。事前のカウンセリングでは遠慮せずに自分の希望をはっきりと伝えるようにしましょう。そのなかで、医師と相談して自分の顔に合う二重幅のシミュレーションを見ながら、一番しっくりくるものを選んでいくと失敗のリスクは最小限に抑えられます。

埋没法のメリットを過信しない

埋没法は術後に納得がいかなければ抜糸をしてやり直すことができます。これは埋没法の大きなメリットでもありますが、これを過信しすぎるのも危険です。

前述したように、たとえ抜糸をしなかったとしても永久的な持続性がない埋没法ではいずれ二重は元に戻ります。その時は再度手術を受けることになりますが、埋没法の手術なら何度受けても問題ないというわけでもないのです。

埋没法による手術を繰り返し受けてはいけない理由は以下の2点です。

・回数を重ねることで、まぶたの筋肉に異変が起きて目の開閉に支障が出る恐れがあるため

・切開法に切り替える際に難易度が高くなるため

以上のことをしっかりと頭に入れて手術を受けることで、リスクを低減させることができます。

まとめ

埋没法による手術後の症状と対処法、および失敗例とその対策について解説してきました。メスをつかわずに理想の二重まぶたをつくれる埋没法ですが、事前のカウンセリングでしっかりと打ち合わせをしていないと思わぬトラブルを引き起こす恐れがあります。

また、術後の症状や経過に関しては分からないまま間違った処置をしてしまわないように、起こり得るケースを把握しておくことが大切です。

思い描いた容姿を手に入れることは人生を変えるほどのメリットになるかもしれません。だからこそきちんとした情報と予備知識をもって、万全の状態で手術に臨みましょう。

-メニュー

Copyright© 二重まぶたにする方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.