投稿日:

【大塚製薬に聞いた!】オロナイン二重は危険!効果と正しいやり方とは?

二重になるための方法で、『オロナインをまぶたに塗ると二重になる!』という口コミを目にしたことはありませんか?

実際にネットで調べてみたところ、そのやり方が紹介されているサイトがいくつもありました。

しかし、どのサイトでも言われていることは“危険”だということです。

それにも関わらず、SNS上でもオロナインを使った二重術を実践している人が何人か居るのです。

整形手術よりも身近で、安く手に入るオロナインで二重を手に入れることが出来るなら、すぐにでも真似したくなってしまいますよね。

そこで、

私がオロナインの製作会社である大塚製薬に直接電話をし、その真偽を聞いてみました!

オロナインを使って二重を形成しようと考えてこの記事にたどり着いた方は、是非目を通してみてくださいね。

 

■オロナインで二重になると噂されている根拠

オロナインで二重になると噂されているのは、いったいどのような根拠だと言われているのでしょうか?

また、その根拠は正しいのでしょうか?

実際に大塚製薬に問い合わせたので、答え合わせをしてみましょう。

●【噂】発汗作用で瞼が痩せる!?

オロナインを使って二重まぶたになる理由は、毛穴が開いて発汗することにあると言われています。

それによってまぶたに脂肪燃焼効果をもたらすことで、まぶたが痩せることで二重になりやすいのだとか…。

確かに、一重まぶたに悩む人の原因の中にはまぶたのむくみや脂肪が関わってくるため、これを解消することで二重を手に入れることが出来る可能性はあります。

果たして、オロナインには発汗作用があるのでしょうか?

 

●【真実】オロナインに発汗作用は無い!成分を見てみよう

オロナインに発汗作用はあるんですか?

オペレーター
いえ、発汗させるような成分は一切入っていません。主に消毒成分が使われています。

オロナインで二重まぶたになれるという情報を聞いたのですが…

オペレーター
それは全くのデタラメです。オロナインは美容品では無く医薬品ですので、ネットで噂されるような『二重・涙袋・角栓・ニキビに聞く』という効果はありません。

 

やはり『オロナインの発汗作用』は真っ赤なウソでした!

 

ここで、オロナインの成分を見てみましょう。

※上からオロナインに含まれている成分量が多い順

・クロルヘキシジングルコン酸塩液⇒皮膚の殺菌・消毒
・ラウロマクロゴール⇒合成界面活性剤(メイク落としにも含まれている、水と油など混ざらないものを混ぜ合わせる効果)
・ ポリソルベート80⇒合成界面活性剤
・硫酸Al/K⇒止血剤
・マクロゴール⇒界面活性剤
・グリセリン⇒保湿
・オリブ油⇒液体を固形にする効果
・ステアリルアルコール⇒保湿
・サラシミツロウ⇒保湿
・ワセリン⇒保湿
・自己乳化型ステアリン酸⇒合成界面活性剤
・グリセリル⇒保湿
・香料⇒オロナインのほのかな香りを出すもの
・精製水⇒純度の高い水

このように見ても、殺菌・消毒・止血・保湿が主な効果になっていることがわかりますね。

発汗や脂肪燃焼作用に繋がるような成分は一切入っていません。

 

●『オロナインで涙袋が作れる』も嘘!成功した人はなぜ?

オロナインを使用した美容法と称して、二重まぶただけでなく涙袋まで作れるという噂もあるのです。

「実際に成功している人もいるようだし、本当なんじゃないの?」と思ってしまいますよね。

オロナインを塗って涙袋がぷっくりした原因は、以下のことが考えられます。

・オロナインの刺激で腫れているだけ
・塗ったときにマッサージをするから
・塗ったところが光ってぷっくりしているように見えているだけ

実際の涙袋自体が大きくなったわけではありません。

涙袋の部分も皮膚がとても薄いので、刺激を続ければ炎症を起こす恐れもありますよ!

 

●なぜこんなデマが広まったのか

密かに噂されていたオロナインで二重を作るという方法ですが、大きく広まってしまった原因があります。
それは、ある有名人気ユーチューバーがオロナインで「涙袋を作る」という企画。
その動画で紹介されていたことは、

・オロナインで涙袋が作れる
・オロナインには発汗作用がある
・二重を手に入れた人もいる
・早い人で数週間で成功した
・成功した人の画像を見た
・目に入ってもOK

という情報です。
どれもこれも、全く根拠のないものばかりですよね。
噂を又聞きしたうえで、登録者数が150万人を超えるユーチューバーがあたかも真実であるかのように配信してしまったのです。
影響力のある人の情報発信であれば、真似したいという人が増えるのは当然でしょう。

綺麗な二重ラインを作りたいという方は、このような根拠がないうえに副作用を招く恐れのある方法は絶対にやめてくださいね。

 

■オロナインで二重を手に入れている人は実際にいるのか

オロナインで二重まぶたを手に入れた人が居るというのは本当なのか、SNSを始めとした口コミサイトで調べてみました。

すると、

「オロナインを塗って1ヶ月で二重になった!」
「二重の線が出来てきた気がする!」

というコメントが本当にあったのです。

ここまでで『オロナインには二重まぶたに変化させる効果は無い』とお話してきましたが、効果があった人がいるじゃないか!と思うかもしれません。

しかし、この投稿者が二重まぶたに変化したワケには、オロナイン以外の理由がありました。

 

●オロナインを使って二重にする方法をおさらい

ここで、肝心の『オロナインを塗って二重にする方法』と言われているものを振り返ってみましょう。
ネット上で噂されている方法には、3種類のものがあります。

【①オロナインマッサージ】
1、オロナインをまぶたに塗ってマッサージをする
2、再びオロナインをまぶたに塗る
3、プッシャーになる細い棒やヘアピンで、なりたい二重ラインに添ってまぶたを押し込む
4、そのまま寝る

【②綿棒でオロナインを塗るだけ】
1、綿棒などを使ってオロナインをまぶたに塗る
2、そのまま寝る

【③オロナインと絆創膏のあわせ技】
1、アイテープのように、絆創膏をまぶたの横幅にあわせて2mmくらいの幅に切る
2、綿棒でオロナインをまぶたに塗る
3、作りたい二重ラインのすぐ下に絆創膏を貼る

どの方法もオロナインをまぶたに塗ったことで効果があるのではないかと思うものばかりですが、実際はそうではなかったのです。

 

●二重まぶた成功者はオロナインのおかげではない

上記でご紹介した方法には、『二重になるための理由』が隠されています。

それは、決してオロナインのおかげではありません。

では、順番に解説していきましょう。

・①オロナインマッサージ

これは、完全にマッサージが作用しています。
オロナインは油分が多いので、マッサージするには最適な滑りを与えてくれるというだけ。

マッサージすることでまぶたのむくみを取り、柔らかいまぶたにすることで二重ラインが出来やすいまぶたに質が変わってきたというだけです。
オロナインでなくとも、保湿系クリームであれば同じ効果が得られますよ。

・②綿棒でオロナインを塗るだけ

まぶたは脂肪やむくみによって二重が作られにくくなってしまいますが、逆に乾燥も二重まぶたの大敵となっているのです。
まぶたが乾燥していると、肌の弾力が無くなること、まぶたの表面がカサついて固くなることで、二重がうまく形成されません。

それをオロナインに含まれる保湿成分がまぶたに潤いを与え、二重まぶたにするために十分な水分量を確保出来ているというだけなのです。
オロナインの消毒・殺菌成分などの副作用による危険を抱えなくても、保湿クリームで十分安全に乾燥を防ぐことが出来ます。

・③オロナインと絆創膏のあわせ技

もうおわかりの方もいらっしゃると思いますが、これは絆創膏で二重ラインを形成しているからです。
オロナインの役割といえば、油分によって剥がすときに何も塗らないよりは痛くないというくらいでしょう。
日々癖付けをしていれば、いずれはそのクセが定着します。

ただ、粘着力の強い絆創膏を貼っておくことはあまりオススメ出来ません。
剥がす際にまぶたを傷つけたり、皮膚を伸ばすことにも繋がる恐れがあります。

また、通気性も悪いため、かぶれの原因になったり衛生上も良くないのです。
絆創膏を長時間貼って剥がすと、皮膚が白くふやけていることがありますよね。

あれは、皮脂や汗が出ても絆創膏によって蒸発しないことが原因です。
その状態がまぶたにとっていいものでは無いことは予想が出来ますね。

どの方法を見ても、“オロナインだから二重になった”というわけではないことがわかっていただけたかと思います。

 

■オロナインを目の周りに使うことの危険性

オロナインを目の周りに使うのは危険ですか?

オペレーター
目の周りは皮膚がとても薄いため、副作用が出た場合大きく影響を受けてしまいます。目に入ってしまった場合もなんらかの症状が現れてしまう恐れがあるため、使用は避けてください。

 

 

このような回答を頂きました。

オロナインの注意書きを見ると、

目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。

ということが書かれています。

口コミを調べていても、

「オロナインが目に入って激痛だった」
「目が真っ赤に充血した」

という体験をした人が居ましたよ。

 

●オロナインの副作用

オロナインも立派な医薬品ですので、副作用が報告されています。
その症状は、

・発疹
・赤み
・かゆみ
・腫れ

などです。
副作用が必ず起きるものとは限りませんが、もしデリケートなまぶたで肌トラブルの症状が出てしまったらと考えると、とても怖いですよね。
副作用が出てから後悔したのでは遅いので、オロナインをまぶたや涙袋に使用することは避けてください。

 

■本当に二重に作用する成分が入っているものを選ぶこと

理想の二重まぶたを手に入れるにはさまざまな方法がありますが、なによりも『まぶたにとって安全で本当に効果のある方法』を選ぶことが大切です。

そこで、オロナインのように成分になんの根拠もないものを使うのでは無く、実際に二重にするために作用する成分が入っているものを使用しましょう。

・オロナインに効果があると噂されていた発汗作用のように、本当に血行促進を促す成分
・むくみを摂る成分
・副作用が無く、逆に炎症や肌荒れなどを抑える成分
・まぶたへの保湿成分
・皮膚のたるみや伸びを防止する成分
・さらに原材料は植物由来であるもの

これらを全てクリアしているのがナイトアイボーテです。

モデルにも強く支持されていて、まぶたのたるみやコンディションの差で悩んでいた私自身が実際に使ってみたところ、本当に綺麗な二重を手に入れることが出来ました。

使い方も、オロナイン二重術のように塗って寝るだけ!

まぶた専門に作られたものを使って、安全に二重まぶたを作りましょう。

 

まとめ■『オロナインで二重』は根拠なし!むしろまぶたに使用してはいけない

オロナインは、成分自体に二重にする効果は全くありません。

誰かが使用してみて、たまたまマッサージ効果や保湿効果によって二重になったことで広まってしまったデタラメです。

これは大塚製薬に直接電話問い合わせたことなので、確かな情報と言える内容です。

むしろ逆に副作用が起きる心配もあるため、絶対に使用してはいけません。

まぶたは皮膚が薄いためダメージを受けやすいですし、なにより顔です。

なにか良くない症状が現れたとしても、サングラスでなければ隠すことも出来ませんよね。

二重を作りたいのであれば、根拠のある成分と安全が考えられたものにすることをおすすめします。

当サイト人気記事…

-自力で二重まぶたにする方法

Copyright© 二重まぶたにする方法を教えるサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

ナイトアイボーテ体験