投稿日:2017年4月9日 更新日:

一重の種類について

日本人の多くは、一重が多いんです

一重にも、色々な種類があります。

・横に切れ長の一重
・丸くて大きな一重
・瞼が厚くて腫れぼったい一重
・瞼の皮膚が薄い一重

など、色々あります。一重と言っても、実に色々な印象の表情を作ります。

その一重の中でも、日本人が多いのが、この腫れぼったい一重。。切れ長で腫れぼったいとか、大きな目でもまぶたが腫れぼったく見えます。

どちらも、瞼には二重のラインが無くいのが特徴です。その一重は、まつ毛が短く、下を向いています。

その一重も、隠れ二重があります。この隠れ二重の一重は、瞼の中に二重になれるラインがうっすらとあります。ただ、若い時には、肌の弾力がありすぎるので、そのラインが埋まってしまっています。

そのラインは、加齢と共に肌の弾力が無くなったり、瞼が薄くなってくれば二重のラインが出てきます。更に、二重にする形成器やアイプチなどを使っていれば、その二重になったりします。疲れている時に、目が二重になったり、瞼に力を入れたりすると二重になる人は、この隠れ二重です。

でも、その反対に、いくら二重の形成器やアイプチを使っても、二重にならないという人もいます。それは、二重のラインが元々無い為です。何歳になっても、ラインは定着しないし、二重になる事もありません。

その二重になりやすい一重は、瞼の脂肪が薄い人が多いのです。それだけ、二重の癖が付き易く、力を入れると窪みやすいのです。

その隠れ二重の人にある特徴としては、

・両親や片方の親が二重
・アイプチを取ってもしばらくは二重のラインが消えない
・親が年をとったら二重になった

という人が当てはまります。

ほとんど一重の人は、両親が一重瞼で、埋没の手術をしてもすぐに取れた人などが当てはまります。

アジア人の多くの一重は、どうしても瞼が下がりがちな厚ぼったい二重が多く、眠たいような印象になります。それに、性格が悪いなどの印象を与えるのです。

二重の手術をする為には、自分の瞼の事を知り、本当にそのやり方で合うのか、手術をしてから、なんか雰囲気が合わないなどがある場わいには、もしかすると、その手術の方法は、その瞼に合わないからではなのです。

その多くの一重は、一重の親からの遺伝が多いのです。ある人は、母親が一重で、父親が二重でした。すると、その二人の子供は、一重だったのです。しかも、切れ長の目の一重が、その二人の子供にも遺伝子して、同じような切れ長の目になったのです。

このような事もあるので、しっかり考えてから手術を決めましょう。

当サイト人気記事…

-自力で二重まぶたにする方法

Copyright© 二重まぶたにする方法を教えるサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

ナイトアイボーテ体験