投稿日:2017年4月8日 更新日:

二重まぶたと遺伝の関係性

ぱっちり二重がうらやましい、二重は遺伝なの?

どんなものにも遺伝は関係があるように、例えば体質、病気、顔の雰囲気など、そして二重にも遺伝はたいてい関係があります。

やはり日本では二重のほうが人気がある、とはっきり言ってもいいでしょうね。目が大きく見えるからでしょうか?ぱっちりして、外人さんみたいに見えるからでしょうか。

例えば、中国人、モンゴル人などは一重が多いですよね。テレビで見るあちらの人達は、みんな一重のような気がします。あれも、やはり遺伝ですよね。

遺伝して、遺伝して、遺伝して・・・その民族の人達は全体的に一重の人が多い、というわけです。逆に、西洋人、欧米人はほとんどの人が二重のイメージですよね。これも遺伝が関係しています。

 

そう考えると、血のつながった家族や親戚に二重の人が多い人は、その人本人も二重である確立は非常に高いと言えますよね。

例えば、両親ともに二重の場合、生まれる子供は二重である可能性は非常に高いでしょう。二重は優性遺伝と言われていて、遺伝する確立はとても高いのです。ですから、一重の人と、二重の人が結婚して、二重の子供が生まれる確立も、一重の子供が生まれる確立よりも高い、と言えるかもしれません。

しかし、一重の人同士が結婚しても、子供が二重の場合もあります。「隔世遺伝」というものもあるからです。例えば、おじいちゃんかおばあちゃんが二重の場合、またはおじさん、おばさんなどが二重の場合も、両親がそうでなくても、その子供に隔世遺伝することもあります。

それで、そういう子が生まれると、みんな「誰に似たんだろうね~、おじさんかな」などと言って、やっぱり隔世遺伝ってあるんだね、という話に。

また、生まれたばかりの時や、幼いころにはまだ分らないことも、大きくなる成長段階で分ってくること、または変化してくることもあります。

例えば、よく聞く話が、小さい頃は一重だったのに、中学生くらいのときから片方ずつ二重になっていった、などという話。ある日突然、なんか目が腫れぼったい気がする・・・と思っていたら、それは二重になる前兆だった、とか。

そのように、幼い頃は表に出なかった遺伝子が、成長の過程で目に見えてくることもあるようですよね。ですから、うちの子、どうして一重なの?両親とも二重なのに!などと思っているお母さんやお父さん。

もしかしたら、その子への遺伝は、もう少し何年か経ってから表れ始めるかもしれませんよ。小さい頃はママに似ていると思ってたけど、大きくなったらパパに似てきた、というようなこともありますから。

一重の人もめげずに、頑張りましょう。…と言いたいところですが、正直早く二重になりたい方はこちらの記事がおすすめです。実際に一重から二重になった体験談が写真と一緒に見る事が出来ます。

当サイト人気記事…

-自力で二重まぶたにする方法

Copyright© 二重まぶたにする方法を教えるサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

ナイトアイボーテ体験