投稿日:2017年4月9日 更新日:

蒙古ひだ改善マッサージ

蒙古ひだは日本人に多いまぶたのくせ

蒙古ひだ」とは聞きなれないですが、それは日本人に多い目頭の部分を覆うまぶたのことです。黄色人種に多く見られて西洋人にはありません。

 

目は黒目と白目という部分がありますが、白目の端はピンク色をしていて専門用語では「涙丘」と呼ばれているということです。

しかし、蒙古ひだと呼ばれるものがある人では、このピンクいろの肉の部分が蒙古ひだで隠されて見えなくなっていることが多いのです。

この蒙古ひだは西洋人の人には少なく、日本人でも生まれつき蒙古ひだのない人もいるということです。それで、蒙古ひだの張っている人は蒙古ひだをなくして、パッチリとすっきりした目になりたいと思っている人が多いということですね。

なぜなら、この蒙古ひだで目が小さく見えてしまうので美容的には好まない人が多く、手術などで切開して改善している人も多いということです。

しかし、切開手術ということをしなくても二重改善教材を使い蒙古ひだの張りを弱くしたり、上に上げることで上のまぶたが改善されるということがあります。

一重を改善するために、蒙古ひだ改善マッサージ

それには、「蒙古ひだの張りを改善するマッサージ」というのがあって、鼻根指つまみマッサージというマッサージがあります。鼻の根元を人指し指と親指の腹でつまんでマッサージするということですが、それには順序があって

 

①人指し指と親指の腹を鼻の根元の両脇に軽く当てる
②人指し指と親指を眼球に当たる少し手前くらい深さで鼻の根元をつまむ
③今度は少し強めに鼻の根元をつまむ
④つまんだままの上体で30秒から1分間くらい続けるということをします。

効果的にするには、お風呂上りに行うということで1日に1回くらいの頻度で行うといいということですね。

毎日このマッサージを続けることで蒙古ひだのまぶたのかぶさりが改善されることがありますので、少しずつパッチリ目になっていくということです。

蒙古ひだは「離れ目」の原因で、手術で改善しようとすると手術料が30万円と高額であるというのに対して、マッサージを続けると手術したような効果が現れてくるということがあります。

蒙古ひだが多いと綺麗な2重まぶたにならない場合が多く、マッサージでまぶたについている脂肪を減らすということをすればいいということですが、それには瞬きを大きくすることや上目遣いをすることでまぶたの体操をしてみるという方法もあります。

また、マッサージ感覚で指を使っての2重まぶたのラインをなぞるということをすると、自然と蒙古ひだにも2重まぶたのラインがついてくるということがあります。

2重まぶたのラインに折り込まれることで蒙古ひだが目立たなくなってくるということです。マッサージとまぶたの体操をつづけていくうちに目頭からくっきりとした2重まぶたができるということがあります。

しかし、まぶたの上からといってもくれぐれも眼球などに傷が付かないようにすることが大切だということですね。

マッサージで二重にその、体験画像はこちら

当サイト人気記事…

-二重まぶたマッサージ

Copyright© 二重まぶたにする方法を教えるサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

ナイトアイボーテ体験