投稿日:2017年4月9日 更新日:

二重まぶたを作るための手助けとして形成器を使う

二重まぶた形成器を使った二重ゲット方法

2重まぶたを自分でつくるには、

・自力でする方法
・アイプチでつくる方法
・アイホーンでつくる方法
・マッサージで作る方法
・アイメイクでつくる方法

などがあります。

その中でも最近注目されている「アイホーンでつくる方法」というものでは、2重まぶたの矯正器になりますが、アイホーンとは2重まぶた形成に矯正器のセットや必要な美容液のことになります。

そのセット内容では、形成液の「スカーレッド」形成液拭き取り用の「アイフレッシュナー」まぶた矯正器の「アイスタビライザー」そして2重まぶたを形整する修正器の「ダブルライナー」というものが1セットとなっているということです。

正器のアイスタビライザーでは整形手術の埋没法の原理を応用しているということがあります。自然な2重まぶたにするために3つのポイントに対して同じカ所を深く折り込むということをします。

形成液のスカーレッドには、脂肪を分解して燃焼させるアルギン酸やカフェインが配合されていて、この効果としてまぶたの脂肪が減少してきて2重まぶたの形状が維持しやすくなるということがあるようです。

使い方では、スカーレッドをまぶたに塗ってからアイスタビライザーで矯正して2重まぶたをつくるということをします。そして、ダブルライナーでは2重まぶたの細かい部分を修正して形を整えるということをします。その後アイフレッシュナーでスカーレッドを拭き取ってしまいます。

他の二重まぶた形成器も

また、「液がいらない特許取得の2重まぶたのアイテム」というものもあって、2重まぶたを習慣づけてしまおうという大人気の矯正器具もあります。

それは整形手術の原理をうまく利用するもので同じ個所で深く折り込んで、2重になるための筋肉を矯正するもので、使い続けていくうちに自然で美しいパッチリとした2重まぶたに矯正できるものであるということです。

これは2重まぶたのクセや習慣を素早く付けることができるもので、まぶたの脂肪や厚みもとれてクッキリとしっかりと2重まぶたをつくることができるというものです。そしてアイプチと併用することでより一層の効果を発揮することができるということがあります。

また、実力派としては、「ダブルラインクリップ」というものを使用することもできますよ。これは1回5分程度まぶたをはさんで使用するだけです。

自然に2重のクセがつきますので簡単です。はさんで使用するということで痛そうなのですが、シリコーン製で痛みがなく安心して使用できます。それで、価格的にもお手頃なこともあって人気の矯正器のひとつだということですね。

当サイト人気記事…

-自力で二重まぶたにする方法

Copyright© 二重まぶたにする方法を教えるサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

ナイトアイボーテ体験