投稿日:2017年4月27日 更新日:

簡単に二重まぶたにするオススメの方法

 

一重まぶたで悩んでいる女の子の中には、「一日でも早く二重まぶたになりたい!」と思っている人が多いのではないでしょうか。

パッチリとした二重まぶたは女の子の憧れですよね。

好きな人にかわいく見られたい、もっと自分の魅力を引き立たせたい・・・

様々な想いから二重まぶたへの憧れが強くなっているかと思います。

今回は、簡単二重まぶたにするオススメの方法を5つご紹介していきたいと思います。

一重まぶたをコンプレックスに感じている女の子は必見の記事です。

 

■自力で二重まぶたにできる?

美容整形などを利用せずに、簡単に自力で二重まぶたにすることはできるのでしょうか。

結論から申し上げますと、「努力次第で二重まぶたを手に入れることが出来る」です!

まぶたの状態により個人差は出てしまうものの、頑張れば結果は出るといわれています。

自力で二重まぶたにするには、「クセ付け」がポイントとなります。
一重まぶたをマッサージしても二重まぶたになることは難しいそうです。

今回の本題である簡単二重まぶたにするオススメの方法でクセ付けについて詳しくご説明していきたいと思います。

何もせずに一重まぶたで悩むのではなく、まずは二重まぶたのクセ付け実践してみることをおすすめします。

 

■綺麗な二重まぶたの理由

綺麗な二重まぶたの理由とは一体何なのでしょうか。

綺麗な二重まぶたのポイントをまとめてみました。

・余分な脂肪分がない

綺麗な二重まぶたの条件として欠かすことが出来ないのが、まぶたの部分に余分な脂肪分がないということです。

余分な脂肪分がまぶたの上に乗っかった状態になっていると、厚ぼったいまぶたに見えてしまうからです。

まぶたの上に余分な脂肪分のあるのは、一重まぶたの人の目元に多い特徴ともいわれています。

・二重の幅が一定

二重まぶたの中にも様々な種類あり、その中でも綺麗な二重まぶたに見える特徴として、二重の幅が一定であるというのが条件となっているようです。
二重の幅が一定である二重まぶたのことを「平行型二重」と呼びます。

日本人の中で一番多い二重まぶたが「末広型二重」なのですが、綺麗な二重まぶたを目指すのであれば平行型二重がおすすめです。

平行型二重を作り出すためには美容整形などが必要な場合がありますので、まずはご自身の目元をチェックしてみてくださいね。

・蒙古襞がない

日本人の95%があるといわれている「蒙古襞(もうこひだ)」。

この蒙古襞があるかないかで綺麗な二重まぶたかどうかが変わってくるといわれています。

蒙古襞に関しては、美容整形で取り除くことしかできません。

自力では難しいと考えてよいでしょう。

高額な費用も掛かりますので、蒙古襞の除去はよく考えてから行うようにしてくださいね。

■二重まぶたになるためのアイテム

今からでもすぐに簡単に実践できる二重まぶたの方法とアイテムをご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介するアイテムは、ドラッグストア・身近にあるものばかりですので、簡単に始めることが出来ますよ。

・液体タイプののり(アイプチ)

二重まぶたを作り出す定番アイテムとして人気があるのが、二重まぶた専用の液体タイプののり(アイプチ)です。

まぶた半円程度の二重まぶた専用の液体タイプののり(アイプチ)を塗り、二重まぶた専用の液体タイプののり(アイプチ)が半透明になるまで放置します。

二重まぶた専用の液体タイプののり(アイプチ)が半透明になったことを確認したら、専用のプッシャーで押し当てて目を開けます。

プッシャーを押し当てる強さが強すぎてしまうと二重まぶた専用の液体タイプののり(アイプチ)がよれてしまう恐れがあるので注意しましょう。

二重まぶたの形を整えたら完成です。

あっという間に理想の二重まぶたを手に入れることが出来ます。

最近では動画でも解説をしているので、是非チェックしてみてくださいね。

二重まぶた専用の液体タイプののり(アイプチ)はドラッグストアで展開されていますので、口コミや評判をチェックして購入してみてくださいね。

・二重のラインに貼るテープ(アイテープ・ファイバーテープ)

二重まぶたを作り出す定番アイテムとして二重まぶた専用の液体タイプののり(アイプチ)と同じくらい人気があるのが、二重のラインに貼るテープである「アイテープ(ファイバーテープ)」です。

シールタイプになっているアイテープ(ファイバーテープ)は簡単に使用できると人気をあつめており、初心者さんでも簡単に取り入れることが出来ると注目を集めています。

皮膚の弱い部分に貼るアイテープ(ファイバーテープ)になりますので、肌のことを一番に作られたアイテープ(ファイバーテープ)になっていることが多いです。

敏感肌の人や皮膚の弱い人でもチャレンジできるのは嬉しいですよね。

まぶたを閉じた時でもアイテープ(ファイバーテープ)が目立つことがありませんので、不自然さがないのも人気を集めるポイントとなっているようです。

アイメイク次第ではアイテープ(ファイバーテープ)をカモフラージュすることが出来ますので、是非チャレンジしてみてくださいね。

・つけまつげをつけたら二重に?

つけまつげを付けることで二重まぶたを作り出すことが出来る場合があります。

原理としては、先ほどご説明したアイテープのような役割をつけまつげが果たしてくれるからといわれています。

脂肪で厚みのあるまぶたをグッと上に持ち上げてくれるので、スッキリとした二重まぶたを作り出すことが出来るのです。

つけまつげには色々な種類がありますので、なりたい目元に合わせてつけまつげを選んでみてくださいね。

・ヘアピンやプッシャーを使って二重ラインをクセ付け

二重まぶたを作るためにはクセ付けをすることが大切になります。

クセ付けに使えるアイテムとしてヘアピン・プッシャーがおすすめです。

二重まぶた専用の液体タイプののり(アイプチ)を購入した時に付属品としてプッシャーが付いてくることがありますのでチェックしてみてくださいね。

目元に当てるものになりますので、目に当たらないように注意するなどして行うようにしましょう。

・二重まぶたを作る機械

好きなタイミングで二重まぶたのクセ付けが出来るといわれている、二重まぶたを作る機会も注目を集めています。

原理としてはまぶたを専用の機械で5分ほど挟んでクセを付けるというものです。

初期投資としてはやや高いものの、長く使うことが出来るアイテムなので、コストパフォーマンスとしては良いといわれています。

まぶたの厚みによっては痛みを感じたり、刺激になってしまい赤みが出てしまうことがありますので、使用する際は注意することをおすすめします。

 

■目元の肌ケアも忘れずに

二重まぶたのクセ付けばかりに注力してしまうのではなく、目元の肌ケアも忘れずに行っていくようにしましょう。

まぶたに負担をかけすぎてしまうと、年齢を重ねた時にたるんでしまったりシミやシワの原因になる恐れがあります。

アイクリームを塗ったりしてこまめにケアを心がけてみてくださいね。

まぶたに赤みが出た時はSOSのサインです。

まぶたの赤みが引くまでは二重まぶたのクセ付けはいったんお休みしましょう。

当サイト人気記事…

-自力で二重まぶたにする方法

Copyright© 二重まぶたにする方法を教えるサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

ナイトアイボーテ体験