投稿日:2017年4月9日 更新日:

二重まぶたになるメイク術

一重まぶたで悩んでいるけれどアイプチやアイテープ(ファイバーテープ)、美容整形はあまり考えていないという女の子が最近増えてきているそうです。

出来るだけナチュラルな状態で二重になれたら嬉しいですよね。

今回は、アイプチやアイテープ(ファイバーテープ)も使わずに一重さんが二重になるメイク術をご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介するメイク術を身につければ、その日から簡単にパッチリ二重な目もとを手に入れることが出来ますよ!

■二重まぶたにするアイテムのデメリット

二重まぶたにするアイテム(アイプチ・アイテープ・ファイバーテープ)を使用することで生じるデメリットを4つご紹介します。

・まぶたにかかる負担

二重まぶたを作るためにアイプチやアイテープ(ファイバーテープ)を使用すると、まぶたを始めとする目の周りの皮膚に負担がかかってしまいます。
まぶたにダメージを与え続けてしまうと、まぶたがたるんでしまったり傷がついてしまう恐れがあります。
肌の負担をかんがえると、少し心配になってしまいますね。

・まばたきが不自然になる

アイプチやアイテープ(ファイバーテープ)で作られた二重まぶたは、まぶたをつったような仕上がりになることが多く、まばたきが不自然になることが多いといわれています。

まばたきをしているときに何となく目もとに違和感を感じる・・・それは、二重まぶたが上手に作れていない証拠でもあります。
まばたきが不自然だと、目が乾きやすくなったり目つきが悪くなってしまう恐れがあります。

・水に弱い

二重まぶたを作るためのアイプチやアイテープ(ファイバーテープ)は、水に弱いという弱点があります。

汗をかいてしまったり、突然雨にふられてしまったり・・・思わぬアクシデントは色々想定できますよね。
せっかく二重まぶたを作っても、突然のアクシデントで大変なことに!なんてなってしまっては大変です。

・二重にしていることがバレやすい

二重まぶたにするアイプチやアイテープ(ファイバーテープ)を使用して作った二重まぶたは、なんとなく不自然な印象を与えます。
中には上手に使いこなしている人もいますが、ほとんどの人が不自然な仕上がりになっていることが多いです。

そのため、周りの友達などに「アイプチしてる?」とバレやすいのです。
正直、アイプチをしていることがバレてしまうと恥ずかしいですよね。

■一重まぶたでもメイクで二重まぶたに見える!

一重まぶたで悩んでいる女の子も、メイク次第で二重まぶたに見せることが出来ちゃいますよ。

是非この機会に二重まぶたにみえるデカ目メイク術を覚えていってくださいね。

 

・二重の幅にアイライナー

二重ラインにブラウン系のアイライナーを引くと、二重の幅がくっきりとします。
不自然さも感じられないのでおすすめの方法といわれています。

アイシャドウなどで少しぼかしをいれてあげてもいいかもしれません。
目もとにつけまつげをつけるのもおすすめです。

・アイシャドウを埋める

まぶたの部分をアイシャドウで埋める方法もおすすめです。
グラデーションを上手に使いこなせば、自然で立体的な印象の目もとを作り上げることが出来ます。

ナチュラルに仕上げたい人はブラウン系、クールな印象に仕上げたい人はブルー系、やわらかな印象に仕上げたい人はピンク系がおすすめです。
季節ごとにアイシャドウのカラーを変えてみてもおしゃれで素敵かもしれませんね!

・ペンシル系のアイライナーで描く

ペンシル系のアイライナーはやわらかく使いやすいのが特徴のコスメです。
ぼかしやすく、アイメイクに立体感を演出してくれるアイテムとして人気があります。

アイラインをペンシル系のアイライナーで描くのもおすすめです。
おすすめのカラーはブラックで、目もと
をしっかりと魅せてくれる演出が出来ますよ。

・綿棒でぼかす

アイメイクのぼかしにおすすめのアイテムとして綿棒をご紹介します。
綿棒はこまかなアイメイクまで綺麗にぼかすことができるので、仕上がり度の高いアイメイクを作るのに適しているアイテムです。
アイメイクで大切なのはぼかしともいわれていますので、これを機会にメイクポーチに綿棒を入れておく習慣を付けてみるのもいいかもしれませんね。

当サイト人気記事…

-二重まぶた化粧品

Copyright© 二重まぶたにする方法を教えるサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

ナイトアイボーテ体験