投稿日:2017年4月9日 更新日:

二重まぶたを作るツボ押し法

皆さんは、二重まぶたを作るツボがあることをご存知でしょうか。

まぶたが厚ぼったい人でも、ツボ押しマッサージ方法をしっかりと身に着けることでスッキリとした目もとを手に入れることが出来ます。

今回は、二重まぶたを作るのに効果的なツボ押しマッサージ方法についてご紹介します。

とても簡単に実践することの出来るツボ押しマッサージ方法なので、是非チェックしてみてくださいね。

■まぶたをスッキリさせると二重まぶたになる

二重まぶたになる方法は様々ありますが、その中でも一番簡単な方法なのがまぶたをスッキリさせるという方法です。

「まぶたをスッキリさせるといっても・・・」と思う人がいるかもしれませんが、かなり簡単な方法でまぶたをスッキリさせることができます。
その方法が、まぶたのツボ押しマッサージ方法なのです。

まぶたの周りのむくみや脂肪が取れていくことで、目もとがスッキリとしていきます。

今まで覆いかぶさるようにまぶたがのしかかっていたのが取れる状態になるので、自然と二重まぶたが作り上げられていくということなのです。

次の項目で簡単に行うことが出来るまぶたのむくみ解消のツボをご紹介していきたいと思います。

■むくみ解消に効果のあるツボ

目もとには大きく分けで2つのむくみ解消に効果的なツボがあるといわれています。

・眉頭

眉頭のくぼみには沢山の神経が張り巡らされています。
眉間にしわを寄せる癖のある人は、眉頭のあたりにコリやむくみが溜まっていることが多いです。

・目頭

目が疲れた時に押すことの多い目頭も、むくみ解消に効果があるといわれています。
ゴリゴリとする感覚があったら、コリやむくみが溜まっている証拠です。

■まぶたのツボ押しマッサージ方法

・クリームを塗る

目もとにアイクリームを塗ることをおすすめします。
お持ちでない場合は顔に塗っても大丈夫なクリームをつけるようにしましょう。
メイクを落とし蒸しタオルで目もとを温めると皮膚が柔らかくなります。

滑りがよくなることでマッサージがしやすくなるだけでなく、肌から摩擦を防ぐ効果もあります。
クリームが目もとに浸透しやすくなるので、ハリのある目もとを手に入れることもできますよ。

・ゆっくりとツボを押す

先ほどご紹介した眉頭・目頭を中心にゆっくりとツボを押していきます。
神経が沢山集まっているデリケートな部分ですので、様子を見ながらツボ押しをしましょう。

眉頭・目頭のマッサージが終わったら、目もとの周りをマッサージしていきます。
目尻→耳の裏(耳たぶ)→首の順番で流していくことで、より効果的なマッサージを行うことが出来ます。

■まぶたのツボ押しマッサージ方法で気をつけたいこと

・目もとをこすりすぎない

目もとの皮膚は非常にデリケートです。
クリームを付けない状態でツボ押しやマッサージを行うと、皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。
皮膚は摩擦に対して弱いので、強く力をかけすぎないようにしてくださいね。

・爪を立てて押さない

爪の長い女性に注意してほしいのが、まぶたのツボ押しを行う際に爪を立てずに行うということです。
目もとに爪の跡が残ってしまうだけでなく、場合によっては眼球に当たってしまう恐れもあります。
出来るだけ短い爪の状態でまぶたのツボ押しを行うようにしましょう。

■まぶたのむくみがどうしても酷い時の対処法

・全身のむくみを取る

いつも以上にまぶたのむくみが気になる時は、全身のむくみを取ることに注力してみましょう。
全身の血行が良くないと老廃物が上手に排出さないので、むくみに繋がってしまいます。

むくみ取りに効果的なマシーンや器具・アイテムをフル活用することで、全身のむくみが徐々に解消されていきます。

排尿もむくみ取りには効果的ですので、利尿作用の高い飲み物や食事を心がけてみてくださいね。
リンパが流れていき全身がスッキリとしてきたと同時に、目もともスッキリとしてくることでしょう。

・蒸しタオルで目もとをあたためる

まぶたのむくみが酷い時は血行不良になっていることが多いです。
血行不良を治すためにも血行促進に効果的な蒸しタオル方法がおすすめです。

水で濡らして絞った状態のフェイスタオルを電子レンジで1~2分温めます。(ヤケドに注意!)
顔に乗せて熱くない温度がタオルの適温です。

フェイスタオルを乗せた状態で5分間キープ。
時間が経過したらフェイスタオルを外して、先ほどご紹介したまぶたのツボ押しマッサージ方法を行ってみましょう。

血行が良くなった状態でマッサージを行うことで、より一層高い効果を得ることが出来ます。

当サイト人気記事…

-二重まぶたマッサージ

Copyright© 二重まぶたにする方法を教えるサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

ナイトアイボーテ体験