投稿日:2017年6月17日 更新日:

二重まぶたを冷やしたスプーンでつくろう

お金をかけず整形手術も受けずに自力で二重まぶたがつくれる方法として”冷やしたスプーン”を使ったやり方を聞いたことがないでしょうか。
この方法は自分の娘のビジュアルアップ作戦として母親がおこなった、韓国で話題になった方法です。コツコツと毎日続けることで腫れぼったい一重まぶただった子どもの目はパッチリ二重になりました。

ここではスプーンを使った二重づくりの効果と方法についてまとめます。またその効果を最大限に引き出すための前準備をご紹介しますので、参考にしながら実践してみてください。

なぜ冷やしたスプーンで二重まぶたに?

スプーンを使った二重づくりのメリットは主に以下のふたつです。

瞼の引き締め効果

金属製のスプーンを冷やしてまぶたにあてることで、まぶたの皮膚を引き締めて二重になりやすい肌状態をつくります。
調理する際に冷水で食材を締めるように、重く垂れ下がったまぶたを冷たいスプーンで刺激してハリのある肌を目指しましょう。

二重の癖付け効果

スプーンの緩やかな円形の形状を利用して二重のクセ付けをおこないます。

楕円形を描くスプーンの幅は二重のラインをつくるのに適しています。目元の微妙な形は人それぞれ違いますので、スプーンの向き(縦横)や形状は自分に合ったものを選ぶと効率的にクセ付けができます。
材質が鉄であればどんなスプーンでも問題ありませんので、100均などで自分のまぶた幅に合うものを探してみるといいかもしれません。

効果を高める前準備

上記ふたつのメリットの効果を最大限に高めるための前準備をご紹介します。

ホットタオルであたためる

冷たいスプーンで肌を引き締めるには、事前に目元をしっかりと温めておくことが重要です。
40℃前後のお湯で温めたタオルをしっかりと絞り、目元を覆うようにおよそ5分間あたためましょう。これだけでも血流が良くなりむくみ解消の効果も期待できるほか、スプーンによる二重のクセづけ効果を高めてくれるのでぜひ実践しましょう。

まぶたのマッサージ

二重のクセづけをするうえで、まぶたの肌状態は重要なポイントとなります。

マッサージにはまぶた専用のピーリングマッサージジェルなどを使用するとさらに高い効果が期待できます。マッサージジェルには保湿成分をはじめ、肌にやさしい成分が豊富に含有されているためまぶたの肌状態改善に効果的です。
こうしたアイクリームと冷たいスプーンでのクセづけとの相乗効果によって、その効果を高めることが可能になります。

スプーンを使った癖付けのやり方

まず最初に、前述した前準備をしっかりとやっておきます。

次に氷水をいれた容器にスプーンを入れて冷やしておきます。スプーンの形状や向き(縦横)はご自身のまぶた幅にあったものを選び、二重のラインをつくりたい部分にスプーンを当てて眼球側へ押し込むようにして3分~5分キープします。

このとき痛みを感じたりまぶたの皮膚が伸びてしまうほど押し込まないように注意してください。まぶたは非常にデリケートな部位で、過剰な負荷をかけると赤く腫れたり炎症を起こす原因となります。

毎日適度に継続する

この冷たいスプーンを使用した癖付け方法はとても簡単で空き時間に手軽にできてしまいます。ですからついやり過ぎてしまう方も多いのですが、前述した通りまぶたの皮膚は薄く非常にデリケートです。
目安は一回に3~5分を一日に2セットとなります。はやく二重にしたいという気持ちが強く、長時間やり過ぎてしまうことは皮膚に負担をかけてしまい逆効果となるので控えましょう。

成果をだす秘訣は”毎日少しずつ継続すること”です。

これを毎日続けていると、個人差はあるものの約1ヵ月もすれば二重のラインができてくるケースが多いようです。
むくみ加減や脂肪の量によって差はありますが、根気強く継続することがなによりのコツだということを忘れないでくださいね。

当サイト人気記事…

-自力で二重まぶたにする方法

Copyright© 二重まぶたにする方法を教えるサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

ナイトアイボーテ体験